顔の部分によって「脂性と乾燥」という異なる2つのタイプの肌質を持った混合肌。
一般的に皮脂の分泌が多い額から鼻筋、あご先といったTゾーンは脂っぽく、皮脂の分泌が少ない両頬から口元をつないだUゾーンはカサつくといった特徴があります。
生まれつきや体質のせいだと諦めている方もいるかもしれませんが、混合肌は生まれつきの肌質ではありません。
実は生活習慣が大きく関係しているのです。
では、どうし混合肌を引き起こしてしまうのか?人によって異なりますが、大きく分けて主に4つの原因が考えられます。

混合肌になる主な原因

①乾燥や紫外線による刺激・・・エアコンによる乾燥や紫外線から肌を守ろうと、Tゾーンが皮脂を過剰分泌してしまう。
②年齢による肌質の変化・・・20代後半~30代は水分と皮脂のバランスが崩れ、混合肌になりやすい状態になる。
③誤ったスキンケア・・・皮脂の落としすぎや保湿不足による乾燥で、Tゾーンが皮脂を過剰分泌してしまう。
④食生活の乱れ・・・高脂肪な食事・お菓子・お酒の摂りすぎにより皮脂量が増加してしまう。

また、これら以外にも「ストレス」や「睡眠不足」、生理前など「ホルモンバランスの変化」によって一時的に混合肌になることもあります。
原因はこれだ!と突き止めることはなかなか難しいですが、原因となってしまいそうな習慣に気をつけつつ、正しいスキンケアで混合肌を上手にコントロールしていきましょう。

混合肌におすすめできるクレンジングの選び方。

乾燥部分と脂性部分が混在している混合肌は、適切なクレンジングを選ぶのが難しいかもしれません。
そこで、混合肌の方がクレンジングを選ぶ際に大切なポイントをご紹介していきます。

ポイント①洗浄力と脱脂力が強すぎず、日頃のメイクの濃さに合っているということ。

メイク汚れを落とす洗浄力と皮脂を除去する脱脂力が強すぎるクレンジング剤を使用してしまうと、メイク汚れとともに肌に必要な皮脂や水分までも落としてしまいます。
そうなるとUゾーンをますます乾燥させるだけでなく、Tゾーンも肌の潤いを補給しようと皮脂を過剰分泌させてしまい、顔全体の油分と水分のバランスがより崩れてしまうことに。
ただ、日頃濃いメイクな方が洗浄力がマイルドなものを使用しているとメイクがちゃんと落としきれずに肌に残ってしまい、肌トラブルの原因になってしまいます。
場合によっては、ポイントメイク部分には洗浄力の強いオイルタイプを使用し、顔全体には洗浄力が強すぎないタイプのクレンジング・・・といった使い分けをすると良いでしょう。

ポイント②肌に摩擦がかかりにくいテクスチャであるということ。

クレンジング剤の成分はもちろん、テクスチャの固さや使い心地も重要なポイントです。
クレンジングの際に肌を擦る摩擦によって刺激を与えてしまうと、肌のバリア機能を破壊したりトラブルを引き起こす恐れがあります。
バリア機能が破壊されてしまうと、余計に外的な刺激を受けてしまうことになりますよね。
肌への摩擦を極力軽減するため、肌の上でスルスルと転がすことができて指が肌に直接あたりにくい厚みのあるテクスチャのものを選ぶと良いでしょう。

というわけで混合肌の方には、洗浄力が中程度であり、厚みのあるテクスチャの”クリームタイプ”や”バームタイプ””ジェルタイプ”をおすすめします!

混合肌で悩める方へ。オススメのクレンジングはこれ!

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

極小こんにゃくスクラブが配合された新感触のゲルクレンジングです。
肌に必要な潤いは守りつつ、メイク汚れや毛穴の奥に詰まった黒ずみ・角栓をやさしくオフ!
テカリが気になるTゾーンなどの余分な皮脂はしっかり除去しつつ、贅沢に配合された42種類もの保湿美容成分が乾燥から守ってくれて、モチモチとしたハリ肌に仕上がります。

ママコスメクレンジングバーム

もともとバームタイプのクレンジングは肌へのやさしさと洗浄力のバランスに優れていますが、この商品はさらに使い心地にこだわった厚みのあるテクスチャーが特徴。
摩擦を軽減して肌を傷つけず、メイクや古い角質、さらに大気汚染や花粉などといった目には見えない汚れまでまとめてオフしてくれます。
また、美容液成分たっぷりと贅沢に配合されているから、まるで美容液でクレンジングしたかのような潤いに溢れた洗い上がりを実感できますよ。

サンタマルシェ ディープクレンジング(グリーンティ)

緑茶美容液クレンジングであるこの商品は、美肌サプリと呼ばれる京都宇治の緑茶成分を配合しているのが特徴です。
肌に低刺激な天然洗浄成分を配合した緑茶ジェルがメイクをやさしく落としつつ、蒟蒻スクラブや重曹成分が毛穴汚れもスッキリ除去!
脂性部分に気持ち良いスッキリとした洗い心地でありながら、天然美容成分が肌へ潤いをたっぷり与えてくれるので乾燥の心配もありません。

混合肌の人におすすめしたい!クレンジング後のスキンケア方法。

混合肌の方にとって悩みの”ベタつき””カサつき”は、両方水分が不足していることによって引き起こされるものです。
だから、クレンジングの後の化粧水・保湿ケアはとっても重要!
そこで、混合肌の方におすすめなスキンケアをそれぞれご紹介します。

まず化粧水に関して大事なのは
○高保湿の「乾燥肌向け化粧水」を使用すること
○化粧水は手でつけること
○洗顔後、1秒でも早くつけること

そして、混合肌の方の化粧水のつけ方はコチラ!

①1回分の量の1/3を両手のひらにとる
②そのまましばらく温める
③乾燥しやすい頬から、両手でやさしく押さえるようになじませる
④そのままずらしながらUゾーンにつける
⑤再び1/3を手にとり、Uゾーン・目元・口元にやさしくつける
⑥最後の1/3を手にとり、Tゾーンになじませる

この流れを、洗顔が終わって肌の水分が蒸発しないうちに行いましょう!

乾燥肌向け化粧水は保湿力が高いうえに低刺激性の商品が多く、粉をふくような乾燥部分にもやさしく使用することができます。
皮脂が多い部分にニキビが出来てしまっている場合は、乾燥肌向けに加えてニキビ肌向けの化粧水をW使いすると良いでしょう。

そして化粧水をコットンでつける方もいらっしゃると思いますが、コットンを使用すると肌への摩擦が大きくなるという心配があります。
また、化粧水は手にとって温めると肌なじみが良くなるといった効果も。
よって、混合肌の方は手で化粧水をつけることをおすすめします。

逆に、以下のような化粧水は混合肌の方は避けてください。
×「さっぱり」「オイリー肌向け」といった保湿力の弱い化粧水を使用すること。
×強い力でパッティングすること。
×1回の使用量が適量より少ないこと。

このように化粧水で水分を補給できたら、水分を肌に閉じ込めるよう保湿ケアを行いましょう。

一般的に化粧水の後には乳液をつける方が多いですが、混合肌の方には乳液よりも油分が少ない「セラミド配合の高保湿美容液」を使った使用することをおすすめします。
大人ニキビができやすい状態にある混合肌のUゾーンに油分を与えてしまうと、ニキビの栄養となって成長してしまう可能性があるのため、油分が少なく高い保湿力がある美容液が最適!
乾燥がひどい季節など美容液で保湿してもカサつく部分が気になる場合は、さらにポイントで保湿クリームを使用するのも良いでしょう。